特効薬だが副作用に注意

ステロイド剤とは?

様々な病気における炎症を抑える効果が最も高い薬剤としてステロイド剤が挙げられます。

 

副腎皮質ホルモンという成分が配合された薬です。

 

塗り薬が皮膚科で処方されることが多いので、触れる機会は多いと思います。

 

しかし、この薬剤は作用が非常に強力な一方、副作用を起こすリスクもあります。

 

ステロイド剤の効果

ステロイド剤は強力な抗炎症作用、抗アレルギー作用、免疫作用を持ちます。

 

抗炎症作用は著しく、やっかいな皮膚炎もてきめんに改善します。

 

ちなみにステロイドは経口薬、注射薬としても使用され、皮膚炎以外にも幅広く使用されます。

 

外科、内科、眼科、耳鼻科、歯科まで多くの診療科で使用され、適応疾患は多彩です。

 

しかし、普通の人が一番多く触れるのは皮膚科においてでしょう。

 

ステロイド剤の副作用

強力な効果の一方で、副作用も強いものがあります。

 

  • 皮膚が弱くなり、出血しやすく、刺激も感じやすくなる
  • 表皮が薄くなり、真皮の色が浮き出て赤っぽくなる
  • ステロイドの免疫抑制作用により、細菌・ウイルス・真菌などに感染しやすくなる

 

などが代表的な症状として挙げられます。

 

また、ステロイドをやめたとたん、強烈な症状がぶり返す、いわゆるリバウンドもよく問題になります。

 

ほかにもムーンフェイスなどさまざまな副作用がありますが、皮膚科の塗り薬で起きることは少ないので割愛します。

 

ステロイド剤の使用方法

副作用ばかりがクローズアップされることもありますが、ステロイドが悪者ということではありません。

 

ただ、非常に強い薬なので、使用場面をここぞという時に限り、むやみに使わないことが大切です。

 

他の薬剤では効果の見られない重症の場合に使い、長期間の使用は避けるべきです。

 

ちなみにステロイド外用剤は強い薬だけに、ランク分けが設定されていて、場面に応じた適切な薬剤が選びやすいようになっています。

 

  • Strongest(最も強い)(I群)
  • Very Strong(かなり強い)(II群)
  • Strong(やや強い)(III群)
  • Medium(普通)(IV群)
  • Weak(弱い)(V群)

 

副作用の心配も含め、医師にはよく相談して処方してもらうようにしましょう。