体を守る免疫の誤作動

アレルギーとは?

アレルギーとは、体を守る免疫が不必要な過剰防衛に出ることで起こる様々な身体症状です。

 

免疫というのは、病原体など体に侵入してきた異物をやっつける防衛システムです。

 

免疫が、花粉やハウスダスト、卵や牛乳のたんぱく質などを危険な異物と勘違いした時に起きるのがアレルギーです。

 

症状が起きる仕組み

アレルギー反応は、アレルゲン(抗原)となっている特定の物質に触れることで引き起こされます。

 

花粉や猫の毛や牛乳やソバは、それに対するアレルギーのない人にとってはアレルゲンではありません。

 

アレルゲンに対して体はIgE抗体というものを作ります。

 

抗体の役目は、抗原と結合して破壊力のある白血球を呼び寄せることです。

 

抗体はいわば、アレルゲンを羽交い絞めにして兵隊を呼び集め、自分ごと殺させるのです。

 

アレルゲンに抗体が結合すると、さまざまな生理反応が起きます。

 

その代表がヒスタミンの放出です。

 

例えば花粉がアレルゲンとなってヒスタミンが放出されると、くしゃみや目のかゆみ、鼻の粘膜の腫れなどが起きます。

 

ヒスタミンは役割があって体内に貯蔵されているのですが、不必要に放出されると不快な症状を起こすのです。

 

アレルギーの発生

花粉や食物タンパク質などがアレルゲンとみなされると抗体が作られ、それは体内に残ります。

 

再び同じアレルゲンが入ってくると、免疫反応が起きて症状が出ます。

 

多くの場合、最初は気にならない程度で現れるようになります。

 

目立った症状が出るまでには数年がかかると言われています。

 

スギ花粉に曝されても何ともなかったのに、ある年に急に花粉症を発症するのはこうしたメカニズムです。

 

しかし、中には初めての食物や虫さされによって、いきなり命に関わるアナフィラキシーショックを引き起こすこともあります。